つれづれ

鏡開きとお善哉

今日は、鏡開き。
お善哉は召し上がりましたか?

お正月に歳神様にお供えした鏡餅。 歳神様が去った後、そのお下がりのお餅を木槌で割って(=開いて)、
厄除け・邪気をはらう意味のある小豆とともに、今年1年の健康に過ごせる力を授かると考えられています。

焼いたお餅を、ほっこりと甘い小豆と一緒に。

皆様にとっても、健やかな1年になりますように。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

・茶事に関するお問合せ、その他の情報はこちらから。

茶事をしっかりと学びたい方 ⇒ 茶事倶楽部

生地から作る季節の和菓子 ⇒ wagashi salon

料理から学ぶ茶事の真髄  ⇒ 体験できる懐石・茶事教室

楽しいイベント情報 ⇒ イベントの知らせ

[contact-form-7 404 "Not Found"]

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP